キャッシングは主婦でもできる!

2010年の貸金業法改正により「年収の3分の1を超える貸付けは原則禁止」となりました。

つまり収入のない人は新たなキャッシング契約ができないことになったのです。
しかし、主婦(主夫)の人でもキャッシングを申し込むことはできます。
私がクレジット会社に勤めていたときの体験をもとに、申し込みのコツをご紹介します。

パート・アルバイトをしている主婦(主夫)の方はキャッシングを申し込むことができます。消費者金融・クレジット会社・銀行の多くが、「パート・アルバイトでも安定した収入のある場合には申込みOK」と広告をしています。「パート・アルバイトでもOK」と書いてある金融機関に申し込めばいいのです。
中でもレディースローンと銘うっている金融機関は主婦にやさしいと考えてよいでしょう。
難しいのが収入のない専業主婦(主夫)のケースです。貸金業法の規制を受ける消費者金融やクレジット会社のキャッシングは無理ですが、貸金業法の対象外である銀行のカードローンに申し込むという手段があります。
実際に「収入のない方でも配偶者に定収入があれば申込みOK」と広告している銀行もあります。この場合は世帯収入で審査を受けることになります。

サラリーマンの給料とキャッシング

サラリーマンの方で現在の給料に満足をしているという方は少ないと思われます。
給料のベースアップも殆どなく、ボーナスが出ないという企業も多いと言います。
また、会社に勤めていると色々な人と出会う事となり、そこで今までに経験したことの無い新しい物事に出会ったりします。
そして、様々な場面で出費が増えるものです。

私が初めてキャッシングを利用した時は、単純に遊興費の為に借り入れを行いました。
実際に、給料の中で生活は出来ていましたが、決まって月の中程になると取引先の営業マンから遊びの誘いが来ます。
単なる友達ではなく、会社上の付き合いも考えるとどうしても断る事が出来ませんでした。そうなると、どうしても給料では間に合わずにキャッシングを利用する事になります。
毎月少しずつ借りて、ボーナスで一気に返済をするという事が現在でも当たり前に行っています。

キャッシングというとマイナス面ばかりがクローズアップされがちなのですが、何事も使い方次第です。テレビコマーシャルではないですが、実際に計画的な利用をする事で生活の助けになりますし、普段の生活をより楽しく送る事が出来るようになります。
今後も上手くキャッシングと付き合っていこうと考えています。

この記事を見ているかたはこちらの記事も見ています。

必見コンテンツ

キャッシングの比較方法

キャッシングの比較方法

キャッシングの比較をいかに簡単に行うかを徹底解説!


キャッシングの申込方法

キャッシングの申込方法

キャッシングしたいんだけどどう申し込めばよいの?


キャッシングの審査

キャッシングの審査の裏側をチェック!

キャッシング初心者には、わからないことだらけ!そんな人にも優しく解説


会社の分類

キャッシングの会社の分類

銀行とその他の会社ってどう違うの?


人気コンテンツランキング

総量規制

N0.1 総量規制っていったいなに??

限度額を決める総量規制を徹底解説!


銀行カードローン

N0.2 銀行カードローンっていったいなに?

よくCMで流れてるけどいったい何が違うの?


消費者金融とは?

N0.3 消費者金融っていったいなに?

どこからどこまでが消費者金融に当てはまるの??


信用情報

N0.4 信用情報っていったいなに?

信用情報には気をつけろというけれど、、


その他のお知らせ

アンケート

アンケート募集中!

皆様のキャッシング体験談をお待ちしております!



ページの先頭に戻る