初めてのキャッシングは銀行カードローン

私が初めてキャッシングをしたのは、社会人になったばかりの一昨年に銀行カードローンを使った時です。

当時は、社会人になって引っ越しもしましたので家具家電も必要でしたし、新しいスーツや靴など社会人としての身支度に関するものも必要で本当に生活が苦しかったのです。
たまたま給料を降ろしに銀行に行った時に勧められて作ったカードを使いました。
銀行カードローンは、借りる時はATMから降ろす時みたいにお金が引き出せますし、返したいときは預金するのと同じように入金できます。

もちろん毎月決まった返済額はありますが、その他にも随時お金が入れば自由に返済していける仕組みでした。
私は給料日前になると生活出来なくなるのでお金を借り、給料が入ったら少し返済するというようにしておりました。最初に借りた分も少しずつは返していたので、徐々に借入額は減っていました。そして冬のボーナスで残りを一括で返済しました。
あの頃は本当にお金がなく、カードローンがなかったらどうなっていたことかと、とてもありがたく思っています。
私は頼れる身内もおりませんし、友人から借金するのは絶対に嫌だったので本当に銀行カードローンでキャッシング出来て良かったです。

銀行カードローンの利点について

日本が高度経済成長を迎えていた時代、融資を行っている金融業者も店舗数をかなり伸ばしていました。
しかし、経済事情が変わり経営低下の影響を受けた金融業界では、店舗の縮小をせざるを得ない状況に陥っています。

そんな不況の中でも力を発揮してきているのが、銀行カードローンです。
銀行系の融資には、消費者金融とは違う利点が沢山あります。
銀行系の大きな利点は、賃金業法の改正により決まった総量規制が、対象外だと言う事です。年収の3分の1以上の貸付を禁止すると言う総量規制ですが、この対象は消費者金融だけになります。つまり、銀行系の融資では3分の1以上貸す事が出来るのです。
そして、銀行カードローンの特徴は金利が安い事です。消費者金融は、融資は受けやすいが金利が高い欠点がありましたが、銀行系の融資は個人への融資でも金利が安いのです。
この2つの利点を最大限活用しているのが、今最も有名なおまとめローンです。

複数の消費者金融会社から融資を受けている人の事を、多重責務者と言います。この高額金利の会社を、低金利の1つの銀行系カードローンにまとめてしまおうと言うのが、このおまとめローンです。
僕も3社から融資を受けていましたが、このおまとめローンのキャッシングを受ける事が出来たので、今では以前より利息を安くする事が出来ました。
低金利になると言う事はその分生活費にも余裕が出来る上、支払金額も多めに払う事が出来ます。多重責務者の人で生活が苦しい人は、一度挑戦してみる事をオススメします。

この記事を見ているかたはこちらの記事も見ています。

必見コンテンツ

キャッシングの比較方法

キャッシングの比較方法

キャッシングの比較をいかに簡単に行うかを徹底解説!


キャッシングの申込方法

キャッシングの申込方法

キャッシングしたいんだけどどう申し込めばよいの?


キャッシングの審査

キャッシングの審査の裏側をチェック!

キャッシング初心者には、わからないことだらけ!そんな人にも優しく解説


会社の分類

キャッシングの会社の分類

銀行とその他の会社ってどう違うの?


人気コンテンツランキング

総量規制

N0.1 総量規制っていったいなに??

限度額を決める総量規制を徹底解説!


銀行カードローン

N0.2 銀行カードローンっていったいなに?

よくCMで流れてるけどいったい何が違うの?


消費者金融とは?

N0.3 消費者金融っていったいなに?

どこからどこまでが消費者金融に当てはまるの??


信用情報

N0.4 信用情報っていったいなに?

信用情報には気をつけろというけれど、、


その他のお知らせ

アンケート

アンケート募集中!

皆様のキャッシング体験談をお待ちしております!



ページの先頭に戻る