娘の卒業式を前に散財した時の話です。

長かった子育ての時間も、この春ようやく終わりを迎えました。娘は2月生まれですので、丸22年。本当なら成人した時点でそう思っても良いのかもしれませんが、大学の最後の期間の学費を払い込んだ時点で、子育て費用としてももう考えなくて良い=親の大きな仕事も卒業だと思っていました。あとは私たち親だけで使えるお金だと。
実際、老後用の資金は別にして時が来るまでは崩せないようにしておりましたが、まだまだ主人が現役だから収入面で大丈夫と思い、その時点まででしていた普通預金を残らずはたいて、夫婦2人で贅沢旅行に出かけたりしました。

娘の卒業を待たずしてお金を使ってしまい、ふと気づくと、卒業式に娘が着る衣裳代やヘアメイク代、卒業旅行費用などを一切援助してやれない状態だったのです。
そんなの娘に自分で賄わせろとお思いの方もいるでしょうけれど、それまで娘が貯めていたバイト代は就職活動費用に消え、学業と就職活動に全力投球していた娘は新たにバイトをできず、仕方のない状況でありました。
きちんとした衣裳や髪型で卒業を迎えるという娘の夢を叶えるのに、私たち親が出した結論は一時的にキャッシングを利用することでした。幸い、年齢としても条件としても十分に審査に適い、キャッシングで借りることができましたので、安堵しました。

母が白いピアノを手に入れる際の話です。

今、音大1年生です。物心ついたときにはもうピアニストになるんだと強く思っていましたが、それは母の熱意の賜物だったようです。

自宅には白いグランドピアノがあります。小さい頃から自慢のピアノです。
母は私ができたとわかった時から、生まれたらピアノを始めさせようと教室探しをしていたといいます。ピアノ演奏のコンサートには胎教も兼ねて何度も赴き、そして当然ピアノも買おうと思った矢先、父の会社の都合でしばらくの期間、収入がひどく下がることになったそうです。
憧れの白いグランドピアノを諦めたくはなかった母。お金を工面できる親戚もいなかったため、キャッシングで借りてピアノ代に充てたそうです。
もしかして当時、キャッシングの利息は今より高かったのではないでしょうか。切り詰めた生活をしながら、それでも私のためのお金はできるだけ惜しみたくなかったのだそうです。

手入れが行き届いたきれいな白いピアノは、今までもこれからもずっと大切な存在です。
大変な中でも、キャッシングしてまで私のためにもピアノを手に入れようと頑張ってくれた両親に、私も夢を叶えて恩返しをしなくてはならないと思っています。

この記事を見ているかたはこちらの記事も見ています。

必見コンテンツ

キャッシングの比較方法

キャッシングの比較方法

キャッシングの比較をいかに簡単に行うかを徹底解説!


キャッシングの申込方法

キャッシングの申込方法

キャッシングしたいんだけどどう申し込めばよいの?


キャッシングの審査

キャッシングの審査の裏側をチェック!

キャッシング初心者には、わからないことだらけ!そんな人にも優しく解説


会社の分類

キャッシングの会社の分類

銀行とその他の会社ってどう違うの?


人気コンテンツランキング

総量規制

N0.1 総量規制っていったいなに??

限度額を決める総量規制を徹底解説!


銀行カードローン

N0.2 銀行カードローンっていったいなに?

よくCMで流れてるけどいったい何が違うの?


消費者金融とは?

N0.3 消費者金融っていったいなに?

どこからどこまでが消費者金融に当てはまるの??


信用情報

N0.4 信用情報っていったいなに?

信用情報には気をつけろというけれど、、


その他のお知らせ

アンケート

アンケート募集中!

皆様のキャッシング体験談をお待ちしております!



ページの先頭に戻る