祝日も便利。頼れるキャッシング

出張中の休日は楽しかった。
ホテルに連泊しているので、掃除・洗濯・風呂・朝食の心配は要らない。地元の同業者に誘われて懇親会(飲み会)に行って深夜にホテルに帰ってきても気軽なものだ。
週末は出張先から調査もかねて小旅行へ出たりもした。

研究職という職業は経費が必要だ。ただ黙々と研究して成果を出すにも資料代や学会費がかかる。
職場の同僚との付き合いもするが、出張先の教育機関や研究者との付き合いのほうに大きな比重を置いている場合も、ときにはある。私の場合は後者であったので、交際費は経費と呼べるぐらいに膨らんだが、こういう経費は雇用主から下りない。
必要なときに必要な額をつねに用意するのは難しい。しかし、学資と同じで、必要なときに使わなければ意味がない費用というのはある。

実際、キャッシングを利用するようになったのは、念願の研究職に就いてからだ。利用額は交遊範囲が広くなるほど増えたが、名前も顔も売れた。
私はたいてい、経費が必要になったときは、「ちょっとお金をおろしてくる」と言ってコンビニATMでのキャッシングを利用する。祝日の重なった三連休、どうしても切羽詰まって、目についた消費者金融のボックス店舗を利用したことがあるが、そのとき一緒にいた研究者に普段から使っているのかと聞かれた。
「祝日で銀行がダメだから。いざというときのカードでふだんは使ってないよ」と説明したが、すでに私にとってはキャッシングは頼りになる銀行家のような存在だ。
堅実な返済実績がある限り借入限度額も増え、ますます頼もしい。同カードを持っている同業もいるが、とくに話はしない。
秘密ではないが、必要な人だけが知っていれば良いと思うからだ。

会社員だとキャッシングは申し込み簡単

会社員であるとキャッシングの申し込みが非常に容易です。

学生時代に一度キャッシングカードの申し込みをしたことがあるのですが、その当時はアルバイトもしておらず収入がなかった事もあり、キャッシングの申し込みを断られた事がありました。しかし、社会人になって再度申し込んだ所、あっさりとカードを作ることが出来ました。
カードが作れるか否かは、申込者の収入状況や保有資産状況によって変わるようです。学生時代に申し込んだ時にカードが作れなかったのは、収入がなかったためでしょう。
カード会社からすれば、まったく収入が無い人にお金を貸すのはリスクが高いという判断だったのでしょう。社会人になってからは、一定の収入が得られるようになったため、カードの発行も非常にスムーズでした。

キャッシングは総重量規制の対象ですので、年収の一定割合を超える額の借入を行うことは出来ませんが、学生時代とは違い、会社員となればある程度の収入はありますので、日常生活のなかで使うような額のキャッシングカードを作ることは容易です。
カードを持っていると、急な出費が発生したときにコンビニなどで簡単にお金を借りることが出来るので、非常に便利で重宝しています。

この記事を見ているかたはこちらの記事も見ています。

必見コンテンツ

キャッシングの比較方法

キャッシングの比較方法

キャッシングの比較をいかに簡単に行うかを徹底解説!


キャッシングの申込方法

キャッシングの申込方法

キャッシングしたいんだけどどう申し込めばよいの?


キャッシングの審査

キャッシングの審査の裏側をチェック!

キャッシング初心者には、わからないことだらけ!そんな人にも優しく解説


会社の分類

キャッシングの会社の分類

銀行とその他の会社ってどう違うの?


人気コンテンツランキング

総量規制

N0.1 総量規制っていったいなに??

限度額を決める総量規制を徹底解説!


銀行カードローン

N0.2 銀行カードローンっていったいなに?

よくCMで流れてるけどいったい何が違うの?


消費者金融とは?

N0.3 消費者金融っていったいなに?

どこからどこまでが消費者金融に当てはまるの??


信用情報

N0.4 信用情報っていったいなに?

信用情報には気をつけろというけれど、、


その他のお知らせ

アンケート

アンケート募集中!

皆様のキャッシング体験談をお待ちしております!



ページの先頭に戻る